3S活動への取り組み

私達は、様々な問題を発見する感性を磨き、問題を解決する能力を高めるために、「整理・整頓・清掃」の3S活動を行っています。

ここではその活動の軌跡をご紹介しています。

令和3年8月 3S活動の軌跡

つくつくぼうしに夏のおわりを感じ始める季節。8月んぼ全体清掃でデザイン編集課は課内の机の移動を行いました。

配線に注意しつつ、各机を移動させます。

一旦机を脇にどけてまずは床の清掃を行いました。

周辺を綺麗にした後、机を予定の位置へ移動させていきました。

移動は無事完了してより使いやすい環境ができました。今後も改善に向けた活動を続けていきます。

編集課では同時に製版機のフィルター清掃も行いました。定期的な清掃で機械を長持ちさせます。

1階工場では床や機械の清掃を中心に活動が行われました。

大活躍中のエアコンもフィルターを外し、綺麗に清掃を行いました。

営業課は会社から少し離れた在庫保管倉庫の清掃・整理整頓作業を行いました。

お客様からお預かりしている製品を手作業で丁寧に運び、清掃を行いました。

令和3年7月 3S活動の軌跡

連日猛暑日を迎えている7月、恒例の全体清掃を行いました。2階ではまず窓ガラスやブラインドの清掃を行いました。

2階へ上がる階段に置かれた"秘蔵グッズ"置き場も一旦移動を行ってからホコリを取り除いて綺麗にしていきます。

無事綺麗になったグッズ達がお客様をお迎え致します。

1階では連日大活躍のエアコンの清掃からスタートしました。

床はモップで念入りにホコリなどを除去していきます。

機会の裏側など狭い場所は掃除機を使い隅々までホコリを除去します。

機械は露出部分に溜まってしまうホコリ等を綺麗に取り除いていきます。

フタを外して中のローラなども綺麗に磨いていきます。

こちらは紙を袋の形にする製袋機。製品が汚れないようローラーを念入りに綺麗にします。

商品を置くカートも同様に拭き上げ、綺麗な製品が作れる環境を整えます。

令和3年6月 3S活動の軌跡

蝉の声が聞こえ始め、梅雨明けはまだ先のジメジメとした季節ですが、今月も恒例の全体清掃を行いました。

デザイン編集課では窓ふきなどの基本清掃の他、配線の整理や機械内部の掃除などを行いました。

プリンターの裏側はホコリが溜まりやすいので、入念に拭き上げ綺麗にします。

雨などで窓の縁が汚れやすくなっているので、こちらも綺麗に磨いてきます。

営業課ではお客様をお迎えする受付を中心に床全体を掃除しました。気持ちよく来社していただけるよう努めます。

受付同様一番に目に入る階段も床の小さな汚れ一つ一つを綺麗に拭き取っていきます。

外では営業車の清掃を行いました。日々の業務の中では手が届きにくい場所も綺麗に清掃していきます。

配送に使用するトラックも綺麗に仕上げて綺麗にできた商品を綺麗なまま運べるようにします。

工場内では床の清掃からエアコン、機械清掃まで多岐にわたり活動を行いました。

すでに大活躍中のエアコン。フィルターもすべて取り外して綺麗にしていきます。

取り外したフィルターは一枚一枚水洗いして乾燥、綺麗になったエアコンでまた快適な環境が整いました。

テント内で配送用のダンボール等の整理整頓を行いました。

ホコリの溜まりやすい高い場所もモップと脚立で残らず綺麗にします。

インクや油など落としづらい汚れは薬剤で綺麗に落としていきます。

印刷機は紙の粉が溜まりやすい場所です。掃除機で綺麗に吸いとっていきます。

印刷機自体も内部に溜まった汚れを一つ一つ綺麗に清掃していきます。

目につきづらい細い隙間に溜まったゴミもほうきで掻き出して綺麗にしていきます。

断裁機(紙を切る機械)は何かと細かい紙ゴミが出てしまうので入念に清掃を行います。

普段動かさないものも動かして溜まったホコリを残さないようにします。

綺麗な機械でなければ綺麗な製品は生み出せません。普段の清掃と毎月の全体清掃で会社全体を快適な仕事空間へとしていきます。

令和3年5月 3S活動の軌跡

梅雨を迎え、少しずつ暑くなりはじめた5月、恒例の全体清掃が行われました。デザイン編集課では配線の整理などを行いました。

お客様と打合せをする際に使用される机も清掃・消毒をしっかりと行いました。

お客様も使用される御手洗い。尿石などを定期的に除去して気持ちよく使えるようにします。

お客様をお迎えする受付は会社の顔ともいうべき場所。しっかりと綺麗にしてお客様をお迎えします。

2階にある製版機の内部を清掃。すべて仕事に欠かせないものですので、念入りに清掃・メンテナンスを行っていきます。

工場内では基本となる床掃除を中心に各機械の清掃を進めていきました。

空気で機械のホコリなどを飛ばして綺麗にしていきます。

パーツは取り外してひとつずつ丁寧に綺麗にしていきます。

ゴミ置き場といえども見た目の綺麗さを意識して使用します。

備品棚の清掃とチェックを同時に行います。

床に落ちた油などの汚れを綺麗に拭き取っていきます。

機械を分解して内部清掃。綺麗な製品を作るために入念に行います。

掃除の際は余計な汚れがつかないよう機械に覆いをしてから行います。

エアコンもフィルターを外し清掃後、元に戻します。

テント内では、製品を保管する棚の清掃と補修も行いました。

令和3年4月 3S活動の軌跡

毎月恒例の全体清掃。
2階では机周辺の清掃からスタートしました。

お客様をお迎えする受付周辺も普段は隠れている机の下なども含め、念入りに清掃します。

高い棚の上など普段は手の届きにくい場所もこの機会に清掃を行って綺麗にしていきます。

制作した見本を保管する棚も綺麗に順番に並べて、取り出しやすくしています。

1月分の在庫紙の整理も行いました。綺麗に包んで保管します。

印刷の要である製版機の清掃も行いました。ローラーやブラシなどのパーツを外し、内部を綺麗にしていきます。

取り外した各パーツはシンクで綺麗に洗い元に戻します。

お客様も使用されるトイレ。洗面台を中心に綺麗にしていきます。

工場では製品を置くパレットの清掃からスタート。床に接してどうしても汚れてしまう部分を綺麗に磨いています。

エアコンも定期清掃。取り外したフィルターと内部を綺麗にしていきます。

テント内では清掃とともに不要品のチェックも行いました。

工場でも高い棚の上などホコリの溜まりやすい部分を拭き上げていきます。

印刷機の内部も薬剤を使ってに磨き、綺麗な製品づくりを目指しています。

令和3年3月 3S活動の軌跡

次第に暖かくなってきた3月。恒例の全体清掃を行いました。2階では制作した見本紙の整理整頓を行いました。

2階では同時に大型プリンターで使用する在庫紙の整理整頓を行いました。

在庫紙は古くなった包みを処分して綺麗に包装しなおしました。

普段あまりできない窓などの高い場所の清掃もこの機会に一気に行います。

手提袋の保管棚をはじめ各所の清掃を隅々まで行いました。

1階工場ではエアコンの清掃をはじめ、機械関係の清掃を主に行いました。

機械の内部に溜まった汚れを綺麗に落としていきます。

大量の紙を扱う関係で紙粉(しふん)と呼ばれる白い粉が大量に発生してしまうので、窓枠など溜まりやすい場所を清掃していきます。

機械の裏の狭い場所なども念入りに清掃を行っていきます。

工場に併設するテント内では断裁前の大きな紙の整理をフォークリフトを使って行いました。

意外と見落としがちな機械の踏み台部分など日頃よく使用する場所は特に汚れが溜まりやすいので、丁寧に綺麗にしていきます。

機械の内装・外装を含め全員が一丸となって工場を綺で使いやすいものしていきます。

駐車場ではこれからの季節増えてくる雑草の除草作業を行いました。中も外も綺麗で働きやすい環境を目指して参ります。

令和3年2月 3S活動の軌跡

2 回目となる全体清掃。デザイン編集課ではレイアウトの変更、パソコンの移動を行い、机の空きスペースを増やしました。

お客様をお出迎えする玄関。来社の際、一番最初に目に入る場所なので念入りに清掃します。

額縁や下駄箱なども綺麗にし、気持ちよくお客様をお迎えます。

商品を運ぶ運送トラックも洗車しました。綺麗な車で綺麗な商品をお届けします。

工場では靴の裏を拭き上げてから、掃除開始。更に床が汚れるのを防ぎます。

床に傷防止のため敷いたマットも汚れてしまうので、綺麗に磨きます。

テント内では床に入り込んだ砂などを除去。商品が綺麗に保管できるよう努めます。

常に使うものは常に汚れています。定期的な清掃で綺麗な状態を保ちます。

フォークリフトも運転席を中心に拭き上げていきました。

封筒を製作する機械。踏み台など汚れやすい所から内部ローラー部分まで丁寧に清掃します。

営業課では保管している見本の整理も行いました。正しく情報も整理していきます。

令和3年1月 3S活動の軌跡

令和3年最初の全体清掃です。デザイン編集課ではプリンターで使用する用紙の整理から始めました。

綺麗に包装した用紙は保管棚へ。

用紙は大きさや種類によって使いやすいよう整理して棚で保管します。

営業課では床や天井の清掃を行いました。年末に溜まったホコリなどを綺麗にします。

お客様をお迎えする受付も常に綺麗に。気持ちよく来社していただけるように心掛けます。

階段では踊り場の製品置き場も含めしっかりと拭き掃除。

工場内では紙を裁断する機械をはじめ、様々な機械を綺麗にしていきました。

印刷用の機械ではパーツを取り外しひとつひとつ丁寧に清掃を行いました。

新たに導入した無線機も内部までしっかり磨いていきます。

テント内では備品の整理整頓、不要なものの処分を行い、使いやすい環境づくりを目指します。