平成31年〈令和元年〉の3S活動への取り組み

平成31年(令和元年) 3S活動の軌跡(上半期)

5月から元号が変わり「新たな時代」が始まった本年。啓文社では引き続きチームに分かれての活動の他、担当者による「パトロールチェック」を実施。各課の状態をチェックして改善が必要な場所は指導を行います。「改善」と「維持」を同時進行で行うことでより働きやすい職場を作っていきます。

今年初めてとなる全体清掃を行いました。今回は1階工場内を社員全員で綺麗にします。
昨年末の大掃除で掃除ができていなかった場所はないかのチェックも欠かしません。

昨年床を全面塗装しなおしている工場内。この綺麗な状態を維持するため清掃も丹念に行っていきます。

清掃が担当者と社長によるパトロールチェックを実施。各課改善すべき場所がないか細かくチェックしていきます。(写真は備品を置く棚ですが、表示や標識がないため改善が必要となります。)

こちらは2階プリンターのトナー(インク)の保管状況、1本1本会社に届いた日付を記入、日付が古いものほど上になるよう置いて効率よく消費できるようにしております。

同じく2階の悪い例として、社内外で使用する会社オリジナルの手提袋を保管する棚をご紹介します。持ち手となるヒモが垂れて床についてしまっています。これでは汚れるだけでなく見た目も良くありません。ということで指摘・改善を行います。

各課にはエリア毎に責任者を配置しているので、チェック後は責任者への指導を行い改善を行ってもらいます。写真は上記問題を改善した後の写真。上の段と置き場を交換することで汚れる心配もなく、見た目も綺麗になりました。